このエントリーをはてなブックマークに追加
新卒入社

デザイナー

開発部
学生時代はサッカーに明け暮れる日々だったのですが、高校生活も終わりに近づき、進路を考えた時に「進学はしたいけど、仕事に役立つ勉強がしたい」と思い、Webクリエイターになるための専門学校に2年通い、PhotoshopやIllustratorについて学びました。
ただ、ここでは本当に基本的なことしか学べなかったので、もっと勉強したいと思い、クリエイター系の大学に編入して、3DCGのソフトや写真撮影について勉強しました。

大学卒業後、新卒としてセカイエの面接に。
クリエイターぽくデザインした履歴書を持参したのですが、当時の面接官に「センスがない。」とダメ出しされました(笑)。
絶対に落ちたと思っていたのですが、「とりあえずインターンから修行しよう!」と言われ、セカイエ入社になりました。
開発部/デザイナー
セカイエ入社後のお仕事

セカイエ入社後のお仕事

不動産一括査定サイト「イエイ」のデザインやコーディング、当時配布していたチラシのデザインなどが最初の仕事でした。
専門学校と大学でデザインについて理論的なことは学びましたが、実務経験はなかったので、まさに体当たりの日々でした。本を読んだりネットで調べたり、独学で勉強しつつ、とにかく当時の役員や先輩の指示通りに作ることに専念です。
自分では指示通りに作ったつもりでも「全然違う!」とダメ出しされてしまって。当時は、社内に自分しかデザイナーがいなくて、技術的なことを聞ける人がいなくて辛かったですが、逃げたら負けだ!と思って頑張りました。
帰宅時、最寄り駅から自宅まで原チャリに乗って帰る道すがら、悔しくて泣きながら走ることもよくありました(笑)。

今は、会社の体制も変わり、デザイナーの上司が出来て、新たに学ぶことが増えました。
それまでは、一人でデザインして、役員のOKが出たらリリースだったのですが、今は上司から技術的な指示を出されるように。例えば「デザインA案とB案があって、役員はA案が良いと言うが、上司からはデザイン観点で言うとB案の方が良いと言われる。」など、確認・承認フローが増えて板挟みになることもしばしばあります。
もっと勉強をして経験を積んで、スキルアップしたら、自分の考えを強く持って判断できるようになると思うので、今は勉強の日々です。
入社して一番嬉しかったこと

入社して一番嬉しかったこと

当時、すごく気難しくてなかなかOKが出ない役員から一発OKをもらった時です。
自分でも「これは自信作」と思って提出した作品だったので、喜びもひとしおでした。これまで頑張ってきたことに手応えを感じて自信がついた瞬間でもありました。

※画像[1]〜[3]はいずれもデザイン作品
画像[1]は、不動産一括査定サイト「イエイ」のトップページ
画像[2]は、2018年の年賀状デザイン
画像[3]は、セカイエ社員の名刺デザイン
仕事する上で大切にしていること

仕事する上で大切にしていること

「クライアントが求めているものを作ること」です。
クライアントとは、お客さまはもちろん、役員や上司など自分の仕事の依頼元の全てが当てはまります。
僕は芸術家ではないので、自分の芸術性よりもクライアントのニーズに応えて表現することが大事だと思っています。

座右の銘

「センスは磨くもの」


漫画「ハイキュー」に出てくる言葉です。
以前「センスない」って言われたのが悔しかったので(笑)。

普段からセンスを磨くために、色々なデザイン関連のサイトを見たり、バナーのまとめサイトを見て、良いなと思う作品があったら保存したりしています。
あと、電車内の広告、ペットボトルやお菓子のパッケージデザインなど、常に目に入るもののデザインをチェックしています。全くジャンルの違うデザインから気づきを得て、バナーを作るときの参考になったりするので。
今後の夢・野望

今後の夢・野望

おじいちゃんになるまでに、一度は何かデザイン関連の賞、例えばグッドデザイン賞とかを獲りたいなと思っています。
あとは、最近結婚したので、子どもを3人育てられるくらいの甲斐性を身につけたいと思っています(笑)。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

他の求人票を見る